2週間のつもりが10年目!女ひとりで離島に行ってみたら

仕事をやめて日本一周!のはずが、離島生活10年目。島巡りとサザンオールスターズが大好きです。"好き"だけで生きていけるように日々奮闘中。

雨の日は花粉症が楽になるは嘘!?気圧とアレルギーの関係。離島の花粉事情。

こんにちは!sakiです☺︎

f:id:sas_islander:20190128151452j:image

そろそろ私にとって恐怖の季節がやってきます‥

そう!花粉症の季節!!!

 

私の記憶上小学校4年生の時から花粉症なのですが、何に対してアレルギーを起こしているかなど調べたことがないんです。

 

それでも100%言い切れるのが、スギ!

 

今住んでいる島にはスギの木は少ないので、

本州で暮らしている時よりはいくらかマシです。

 

それでも、島に住んでいて花粉症で辛い日があります。

それは、北風が吹く日。

 

本州からすると南側にある島に住んでいるのですが、北風が吹くと言うことは本州からの風に乗って花粉が来るんです🙀

f:id:sas_islander:20190330011642j:image

それともう一つ。

雨の日になると症状が楽になる説がありますが、

全くならないです!

むしろ、雨の方が酷い気が‥

 

ちょっと気になったので調べてみました。

 

★雨が降り出すと、空中に飛んでいた花粉が地面に落ちて来るため。

 

怖!!

花粉症の方ならわかっていただけると思います(笑)

想像しただけで恐怖です😱

 

花粉が落ちて来ることによって人間は吸い込みやすくなって、症状が出やすくなる。

 

ということは、

雨の日が続けば症状は軽くなるんじゃないかと。

 

答えは✖️でした😭 

 

雨の日は花粉が飛散しづらい。

なので、雨の日=花粉症の症状が軽くなる。

と思っている方が沢山いるみたいです。

 

あくまで「飛散しづらい」だけであって、

「全く飛ばないワケではない」

 

その上、

・雨が降っていない地域(島)から飛んでくる花粉がある。

・雨が降るときは気圧が変わり、吹き始めた風で舞い上がる花粉もある。

・地面に落ちた花粉も溶けて消えるわけではなく、晴れたタイミングでまた空中に舞い上がる。

 

今住んでいる島は、雨が上がると必ず強い風が吹くのですが、花粉症にとってはこれが最悪です💀

地面に落ちていた花粉が再び舞い上がる&風が強いから木にとどまっていた花粉も吹っ飛ばされる‥

 

ぎゃあぁぁあぁ😱

 

そして、人間側にも原因が。

・気圧が下がる(天気が悪くなる)と、アレルギー症状が出やすくなる

気圧が下がる

        ↓

ヒスタミンが過剰に分泌

        ⇅

副交感神経が優位になる

        ↓

アレルギー反応しやすくなり、

花粉症の症状が悪化する。

 

‥なんのこっちゃなので、詳しく調べてみました。

 

まずはヒスタミンってなに!?

ヒスタミン

「種々の動植物組織に存在し生理機能に作用を及ぼす物質。動物体内でこれが過剰に遊離するとアレルギーをおこす」

 

よくわからないので(笑)簡単に!

ヒスタミンとは、くしゃみ 鼻水 鼻づまり かゆみなどを引き起こすとされる物質。

(花粉症の場合)

 

身体にアレルギー症状を引き起こす原因となる

アレルゲン(花粉)が侵入すると、

それを受け入れるかどうか考える

                                  ↓ 

排除すると判断されると、身体はこれに反応する物質「IgE抗体」をつくる。

                                  ↓

抗体が出来た後再び花粉が体内に入ると、

身体を守るためにヒスタミンが分泌され、花粉を体外に出そうとする。

                                  ↓

そのため、くしゃみで吹き飛ばす 鼻水・涙で洗い流す 鼻づまりで中に入れないように防御する などの症状が出てくる。

 

 

・副交感神経が優位になる

 

副交感神経とは、眠っているとき リラックスしている時などに働く神経のこと。

心拍数を下げる 血圧を下げる 胃液や唾液の分泌を高め、消化を促進するなど心身ともに休息にふさわしい状態をつくる。

 

副交感神経が優位なとき=体の免疫力はアップする

 

しかし、副交感神経が優位な状態が長く続くと

免疫が過剰になり、花粉症などのアレルギーを発症しやすくなる。

f:id:sas_islander:20190330011653j:image

こうして見てみると、

晴れ→そもそも花粉飛びまくりで症状が出る

 

雨→・雨が降ってない地域から飛んでくる

       ・空中を飛んでいた花粉が地面に落ちる

       ・気圧の変化でアレルギー症状が出やすくなる

  

やっぱり雨の方が花粉症って酷くなる!?

 

「雨なら花粉が少なそうなのに、なぜ花粉症の症状が出るんだろう」と考えてしまうから、晴れた日より印象に残りやすい。というのもあるそうです。

 

雨だから花粉少ないでしょ!なんて、いつもの花粉対策をサボっちゃダメです!⚡️

 

島の花粉情報に全然触れられませんでしたが、

花粉症で離島に行く予定の方!

 

その島に自生している木を調べてから行くことをおすすめします。

本州から100km以内の島であれば、

ほぼ本州と変わらないです。

100kmを超える島でも、風向きによっては要注意!

 

いくらか症状が軽くなる場合が多いと思いますが、

薬などは島では手に入らない場合の方が多いので、

いつも飲んでいるものがあれば忘れずに!

 

 

この記事を書く時に色々調べながら書いたのですが、

検索ワードの中に「花粉症 信じたくない」が

あって笑ってしまいました(笑)

一緒に戦いましょう(笑)