2週間のつもりが10年目!女ひとりで離島に行ってみたら

仕事をやめて日本一周!のはずが、離島生活10年目。島巡りとサザンオールスターズが大好きです。"好き"だけで生きていけるように日々奮闘中。

宝くじが当たる島!?猫好きにもおすすめな佐賀県「高島」 唐津城と合わせて1日で周れる最強パワースポット。

佐賀県唐津市にある唐津城まで行くなら、唐津城から約10分で行ける離島、高島(たかしま)がおすすめ!

f:id:sas_islander:20190331225452j:image

 

佐賀県 高島とは

 

唐津城の北2キロメートル、唐津湾にぽっかりと浮かんでいる周囲約3キロメートル、標高約170メートルの台形の島。

 

www.saba.houtounoyakata.com

 

・宝くじが当たる!と噂の宝当神社で有名

1990年代にある住民が宝くじを購入した際、神社名にあやかってこの神社に当選祈願したところ、なんと高額当選!

この事がきっかけで、「この神社に祈願すれば宝くじが当たる」と評判になったという。

 

宝当神社は元々、高島の産土神を祭った塩屋神社の境内社

海賊の吉井圭吾を討ち、その後島を治め1586年(天正13年)にこの島で不幸にも病によって32歳で亡くなった野崎隠岐守綱吉を奉った神社で、1786年(明和5年)に建立された。

 

綱吉の墓所に祠を建立した「綱吉神社」を島の人が「当島の宝」として改名したと伝えられている。

 

・島民は約300人 

なんと島民の9割が「野崎」姓

海賊から島を守ってくれた野崎綱吉を敬って島民は代々「野崎」姓を名乗るようになったという。

 

別名野崎島とも言われているそう。

 

・一周約50分 

f:id:sas_islander:20190401213706j:image

住居やお店などは地図の下側1/3の部分。

となると、島をぐるっと囲むようにある一本道が気になる!!

 

さっそく高島へ!

 

高島への行き方

高島へ行く船は、唐津城下の桟橋から出ています。

唐津駅から唐津城までは徒歩で約20分程度なので、まずは唐津城を目指して歩きます!

 

歩いて行くとお城発見!

f:id:sas_islander:20190401223116j:image

 

高島まで行く船は、定期的に運行している定期船「ニューたかしま」と、「海上タクシー」の二種類があります。

 

定期船「ニューたかしま」

101人乗りの中型船。 

船内には座席もあり、海上タクシーより安定しているので船酔いが心配な方はこちらがおすすめ。

片道210円(子供100円)

 

⚫︎定期船「ニューたかしま」の時刻表

f:id:sas_islander:20190402000113j:image

 

海上タクシー

定員が10人前後の小型船舶。

出航の時間が決まっておらず、何人か人数が揃えば出航する乗合タクシーのようなもの。

唐津↔︎高島間は約10分。

片道500円(子供250円)

 

f:id:sas_islander:20190402010121j:image

 

さっそく乗船。

f:id:sas_islander:20190402010733j:image

私は海上タクシーで行きました!

f:id:sas_islander:20190402010530j:image

海から見た唐津城。素敵ー!✨

 

 

先程言った通り高島と言えば宝当神社

参拝する時は野崎隠岐守綱吉が建設した「塩屋神社」にお参りしてから行くのがポイント。

塩屋神社は珍しいコンクリート製の社殿になっています。

 

宝当神社の社殿内の壁には、高額当選をした方達からのお礼のお手紙がびっしり。

 

100万円から1等◯◯億円が当たりました!!

なんてものまで。

億単位で当たっている方の手紙が

めちゃくちゃ多いんです!

 

これを見てすっかり私も当たる気になっていたのに。。

 

私の前にお参りしてる方達を見たら、どうも私には気合いが足りなかった模様。

 

1等◯◯億円!ぜひ!!よろしくお願い致します!!!!

こんな感じで叫んでお参りをされていたので、かなり圧倒されました(笑)

イメージは野球部の挨拶です!

 

他にも有名なのは祈願猫

SNSで話題になっている「拝む猫」

宝くじを入れる袋を見せると、拝むポーズをしてくれる。

私も実際に見たのですが、大人気のあまり人だかりが凄すぎて写真撮れず‥無念。

 

野良猫もいっぱいいたので、猫好きな人にもおすすめですよ!

 

宝当乃館

宝くじや宝当グッズ(祈願グッズ)などが購入出来る。

食べ歩き出来る、島グルメのサバ〜サンドなんてものも!

 

www.houtounoyakata.com

 

私はここで生まれて初めて宝くじを買ったのですが、結果は惨敗😭

まぁ、みんながみんな当たる訳じゃないですもんね!

 

宝当海の駅

f:id:sas_islander:20190402014550j:image

 

ここのお母さんに、島の反対側の一本道が気になる!と言ったところ、「柵があるけど入っちゃって大丈夫よ〜!だいたい歩いて30分ぐらいかしらね!」

と言われたので行ってみることに!

 

f:id:sas_islander:20190402014827j:image

 

この前にも大きな柵があったのですが、乗り越えるのに必死で写真を撮り忘れました💦 

 

柵の手前に人がいっぱいいたけど、お母さんが行っていいって言ってたから大丈夫だ!!って言い聞かせながら登るわたし。

 

やっぱりあまり来る人がいないからか、雑草を掻き分けながら進む感じでした。

探検しているみたいだし、左側には海が見えて気持ちいいー!

f:id:sas_islander:20190402153230j:image

 

しばらく歩いていくとこんなものが!

f:id:sas_islander:20190402153355j:image

 

f:id:sas_islander:20190402153422j:image

 

地図を見ると赤瀬岩黒瀬岩というものらしいのですが、詳しいことはわからず。

 

赤瀬付近の岩場では、干潮の時に岩盤の一部が見られるとのこと。

山の南面の斜面で見られる赤土は、玄武岩が風化して出来たもの。

玄武岩とは:塩基性火山岩の象徴。火山岩の中でも最も多く世界各地に存在する。

 

黒瀬付近では、溶岩の一部を見ることが出来るそう。

 

これで島を一周出来たので、先程の「宝当海の駅」のお母さんに挨拶してから帰ることにしました。

 

そしたら思いのほか話が盛り上がりすぎて、丁度いい時間の船が出航💦

「あー!船行っちゃった!」って言ったらお母さんが、「あれ乗るの!?」って首からぶら下げていた笛をいきなりピー!って吹いたんです。

 

そしたらなんと船が戻ってきた!!😳

ずっと気になってたけど、そのための笛だったのか‥

おかげで無事に帰ることが出来ました!

 

まとめ

宝当神社と祈願猫で有名な高島ですが、綺麗な海やちょっとした探検気分が味わえる一周道路で自然もたっぷり味わえます!

島から見る唐津城もかっこいいですよ〜

 

宝当神社にお参りする際は塩屋神社から。

・祈願猫を見たいなら、船を降りてすぐは×

みんな一斉に向かうのでどこかで時間を潰してからの方がおすすめ。

・お食事処、喫茶店があるのでお腹が空いたらぜひ島でごはんを♪

唐津城と合わせても1日で観光出来ます!